株式会社 イマガワ
〒708-1126
岡山県津山市押入895
TEL.0868-26-5666
FAX.0868-26-5788
ブログ
月別アーカイブ

豆知識(トリビア)~なぜ紅葉するの~

そもそも葉が緑色に見えるのはなぜでしょうか。葉は複数の細胞層から成り立っており、それぞれの細胞には葉緑体という光合成を行う装置があり、その葉緑体に含まれているクロロフィルに緑の色素が含まれているため、葉は緑色に見えます。

youryokutai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

midori

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光合成の工場の役割だった緑色の色素(クロロフィル)は、休眠に向かって光合成の量を少しずつ減らし、働かなくなった分のクロロフィルは分解して回収されていきます。クロロフィルの割合が減っていくと、もともと葉に含まれていたカロチノイド系色素の黄色が目立ってきます。これが「黄葉(おうよう)」です。

 

01_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い色づきはこれに加えて、アントシアニンという赤系の色素が新しくつくられるために起こります。徐々にアクセルをゆるめるように光合成量を落としていく予定が、急に気温が低くなると、養分をつくる側の効率が一気に落ち、バランスがくずれて連携できなくなります。そこで、葉に赤いアントシアニンをつくって光を受ける側をカバーし、バランスを保って落葉するぎりぎりまで光合成を続けるといわれています。つまり、強い冷え込みが赤い色づきをつくるのです。

 

tp_yamashina0920-670x443

施工例コンテスト2019 トロフィー授与式の様子です

施工例コンテスト2019の最優秀賞と優秀賞を受賞された4社を訪問し、イマガワ特製のトロフィーと記念品を、お渡しいたしました。

 

<最優秀賞 株式会社小林住宅工業様>

小林住宅工業-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<優秀賞 株式会社三原工務店様>

三原工務店-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<優秀賞 有限会社真部総合建築様>

真部総合建築-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<優秀賞 株式会社宮下様>

宮下-1

岡山紅葉情報~津山城もみじまつり~

「津山城もみじまつり」は、森蘭丸の弟が築いた津山城で、番傘などを駆使し自慢の石垣に、より一層映える紅葉を演出します。

ただの紅葉狩りではなく、津山城ならではの空間を楽しむことができます。

 

11月23日(土)~24日(日)には、津山地域の特産品やご当地グルメなどが楽しめるほか、様々なイベントも開催されます。

(画像は昨年の様子です)

 

444

 

 

 

 

 

 

 

 

 

222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33203ba2212080650001

 

 

 

 

CONFORT(コンフォルト)№171に掲載されました

CONFORT(コンフォルト)№171に、玄関扉「一迎(ITIGEI)」シリーズと、第二回IMAGAWA施工例コンテスト受賞作品が掲載されました。2019.11.05

 

表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1枚目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2枚目

ウッドデザイン賞2019 受賞

国産材(杉・檜)玄関戸「一迎(ITIGEI)シリーズ」が、ウッドデザイン賞2019を受賞いたしました。

 

「ウッドデザイン賞」は木の良さや価値を再発見させる製品や取組みについて、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です。これによって“木のある豊かな暮らし”が普及し・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。

 

「一迎シリーズ」は建具で唯一の受賞。

 

ウッドデザイン賞-12

 

施工例~桧 床下通気口の施工例~

「桧 床下通気口」を使用した施工例です。

 

通気口2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通気口1

イエオ岡山版2020に掲載されました

ieo1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ieo2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ieo3

豆知識(トリビア)~「草」と「木」の違い

「草と木の違いは?」と聞かれた場合にどう答えられるでしょうか。

「木は大きく、草は小さい」と答えられる方もおられるのではないでしょうか。しかし、ツツジのように小さくて、低い木もあれば、ヒマワリのように大きくて高い草もあります。

 

結論からいうと、形成層があるのが「木」、ないのが「草」です。

 

kinodanmen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

<木には形成層があり、年々成長して太くなる>

 

木は樹皮の内側に薄い「形成層」と呼ばれる組織があり、この形成層が木質部を作りながら成長して、幹が太くなります。このとき、季節により成長速度が違う為年輪が出来ます。また、横方向に太くなるとともに上方に成長して高くなります。

 

<草には形成層がなく、ある程度成長すると太くならない>

 

草には形成層はなく、ある程度成長すると太くなりません。また木の幹は固くなっていますが、草の幹に相当する部分(茎)は柔らかいままです。

 


 

ちなみに、バナナは木になっているというイメージが強いと思いますが、草に分類されます。なぜなら、バナナの木の幹は葉っぱが合わさってできたものであり、形成層が活躍しているわけではないからです。そして、バナナは一年以内に枯れてしまうことが多いようです。

 

Luxor,_Banana_Island,_Banana_Tree,_Egypt,_Oct_2004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山紅葉情報~特別史跡旧閑谷学校の紅葉~

『閑谷学校』は、江戸時代前期(1670年)に岡山藩主・池田光政によって創建された日本最古の庶民のための学校です。

武士だけではなく庶民にも広く門戸を開いていたのは当時としては極めて珍しく、『旧閑谷学校』として国の『特別史跡』に指定されており、2015年には『日本遺産』にも認定されました。

 

sizu-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月初旬ごろになると2本の楷の木が黄色と紅色に色付き、敷地周辺の紅葉と共に岡山県を代表する紅葉スポットの一つとして毎年多くの観光客が訪れます。

 

sizu-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また『旧閑谷学校』のシンボルとして最も有名な建物が、国宝に指定されている『講堂』。備前焼を応用した屋根瓦が美しい入母屋造り、しころ葺きの建物で、閑谷学校の学問の中心をなす、まさに『学問の殿堂』といわれています。

 

sizu-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住所/岡山県備前市閑谷740 山陽自動車道 備前ICから約15分

 

sizu-3

 

 

施工例~新きざみ 和風の家~

和風建築の家に「新きざみシリーズ」をご使用いただいた施工例です。

 

片山4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山1

令和だんじりまつり・祝賀パレード

「即位礼正殿の儀」が行われた10月22日、津山市中心部では400年以上続く秋祭り「津山まつり」に参加する大隅・高野・徳守の3神社のだんじりが集結し、「令和だんじりまつり・祝賀パレード」が繰り広げられました。

パレードに先立ち、だんじり計29台(県重要有形民俗文化財22台)が中心商店街に展示され、市内外から訪れた人が、迫力ある彫刻などをじっくりと鑑賞しました。

 

だんじり3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんじり2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんじり1

施工例~新きざみ 縦パネル~

新きざみシリーズ「縦パネル」を事務所に使っていただいた施工例です。2019.10.17

 

sekou191017-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sekou191017-2

豆知識(トリビア)~木の寿命~

現在確認されている単独の木として、世界で一番長生きしているのは、米国カリフォルニア州インヨー国立森林公園内のブリッスルコーンパインといわれます。樹齢は推定4800年!

4800年前といえば、“ノアの方舟”伝説の頃。ギザの三大ピラミッドがつくられた時代よりもずっと前で、日本はまだ縄文時代の真っ只中です。

 

zlkje

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二番目がイランにあるアジア最古のイトスギで、樹齢4000年~4500年。さらにイギリスのヨーロッパイチイ(樹齢3000~4000年)や、チリのアンデス山中で発見されたパタゴニアヒバ(樹齢3600年前後)が続きます。

 

日本の長寿の木といえば、もちろん屋久島の縄文杉ですね。

発見当初は樹齢7000年といわれましたが、近年の放射線炭素による年代測定によると、縄文杉は樹齢2500~2700年くらいではないかということです。

 

jomonsugi

会社訪問 工場見学

大阪より株式会社紅中様が工場見学に来社されました。2019.10.15

 

lketui;

Copyright(C)2014 IMAGAWA CO.,Ltd. All rights reserved.