株式会社 イマガワ
〒708-1126
岡山県津山市押入895
TEL.0868-26-5666
FAX.0868-26-5788
ブログ
月別アーカイブ

見積キャンペーン 開催中です

wd2019

 

 

ウッドデザイン賞2019受賞記念~見積キャンペーン~開催中です。(~2019年12月末まで)

期間中に見積をご依頼いただいた方すべてに「特製コースター」をペアで進呈いたします。

 

※期間中は何度でもご応募いただけます。

 

コースター

※詳細と申込用紙は、下記の画像をクリックしてください。

 

aikon

 

施工例~キッチン背面収納扉~

キッチンの背面収納扉として、「新きざみシリーズ」のSTC縦格子をご使用いただくことで、奥行きを感じさせる仕様となっています。

 

haimen-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

haimen-2

 

 

 

 

 

 

 

 

haimen-1

 

おかやま御朱印紀行~徳守神社~

1603年、美作の国18万6500石の国主大名として入封した森忠政(森蘭丸の弟)が津山城を築くにあたり、現在地に移して津山城下の総鎮守としました。

jinja

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の社殿は第2代森長継が改築したもので、県指定の重要文化財となっています。氏子は津山市の中心部56町内に亘り、作州第1の大社です。

 

201907-01-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋祭の御神幸は、供奉300人を越え、全長500メートル輿丁150人を要する神輿は、日本3大神輿の1つといわれています。

mikosi

津山朝日新聞「輝く!企業人紹介」に掲載されました

地元紙「津山朝日新聞~輝く!企業人紹介~」欄に、

営業部の弓手千尋が掲載されました。(画像はクリックで拡大)

 

tuyamaasahi

 

施工例~新きざみ 光と共存する空間~

玄関や窓から「ひかり」をたくさん取り込む空間に、「新きざみシリーズ」の扉が施工されています。

「ひかり」と「白い壁」と「木製建具」が柔らかな空間を演出します。

 

新きざみ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新きざみ2

豆知識(トリビア)~檜舞台~

私たち日本人にとって、檜は木の中でも特別な存在といわれています。

 

檜は最高級の建築材としても古くから使用されてきました。有名なところでは、伊勢神宮が総檜造り。20年に一度、真新しい檜の神殿に建て替えることも知られています。

 

ise02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人が檜に特別な思いを抱いているのは、「檜舞台」という言葉からもわかります。檜舞台とは、自らの腕前を披露する晴れの場所のこと。

その語源は、能舞台にあります。 檜舞台とは、文字通り、檜を張った舞台のこと。

 

noubutai-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

檜は乾燥性が良く、狂いの少ない木材です。材質は柔らかく軽いですが、強度と耐朽性が高い優良材。もともと能舞台は屋外にあったので、檜のこうした特長ゆえに使われていて、舞台の材質として檜を超えるものはない、とまで言われています。

 

江戸時代に檜の舞台が許されていたのは、能楽や歌舞伎など、幕府公認の劇場だけ。つまり、「檜舞台に上がる」のは、一流として認められることを意味していたのです。こうした経緯から、檜舞台は「自らの腕前を披露する晴れの舞台」の意味になったと言われています。

「積算ポケット手帳」に掲載されました

sekisan-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sekisan-2

施工例~木製ペット用扉~

近年のペットブームで、家の中で犬や猫を飼うご家庭が増えています。

38874793_1691487840950171_7213853286841974784_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、

「ペット用扉は取り付けたいけれど、せっかくの無垢の扉に無機質のプラスチック製品は使いたくないし…」

 

というお施主様のご要望により、

イマガワの無垢扉に特製の「木のペット扉」を取り付けた施工例を紹介いたします。

 

ペット1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペット2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペット4

 

 

「津山朝日新聞」に掲載されました

津山朝日新聞に「ウッドデザイン賞受賞」について掲載されました。2019.11.21

 

津山あさひ

おかやま御朱印紀行~吉備津神社~

令和の改元をきっかけに、御朱印集めが一般の人々にも広まっていますね。イマガワの地元、岡山県で御朱印がいただける神社やお寺をご紹介いたします。

 

<吉備津神社>

 

「吉備津神社」は岡山市にある、備中国一宮の神社で、多くの方が参拝に訪れている岡山でも人気の神社です。本殿は吉備津造りになっており、2つの棟をあわせた珍しい建築。「吉備津神社」のご祭神は大吉備津彦命で、縁結びや商売繁盛のご利益があると言われています。

 

kibitu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_0-2

 

 

 

 

 

 

 

gosyu

 

ジャパンホームショー出展の様子

2019年11月13日~15日に東京ビッグサイトにて開催された

「ジャパンホームショー2019」のイマガワブースの様子です。

 

ジャパンホームショー3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャパンホームショー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャパンホームショー1

施工例~土間のある空間~

昔ながらの土間のある家での施工例です。

新きざみと杉のきこりⅡシリーズをご使用いただきました。

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

豆知識(トリビア)~なぜ紅葉するの~

そもそも葉が緑色に見えるのはなぜでしょうか。葉は複数の細胞層から成り立っており、それぞれの細胞には葉緑体という光合成を行う装置があり、その葉緑体に含まれているクロロフィルに緑の色素が含まれているため、葉は緑色に見えます。

youryokutai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

midori

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光合成の工場の役割だった緑色の色素(クロロフィル)は、休眠に向かって光合成の量を少しずつ減らし、働かなくなった分のクロロフィルは分解して回収されていきます。クロロフィルの割合が減っていくと、もともと葉に含まれていたカロチノイド系色素の黄色が目立ってきます。これが「黄葉(おうよう)」です。

 

01_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い色づきはこれに加えて、アントシアニンという赤系の色素が新しくつくられるために起こります。徐々にアクセルをゆるめるように光合成量を落としていく予定が、急に気温が低くなると、養分をつくる側の効率が一気に落ち、バランスがくずれて連携できなくなります。そこで、葉に赤いアントシアニンをつくって光を受ける側をカバーし、バランスを保って落葉するぎりぎりまで光合成を続けるといわれています。つまり、強い冷え込みが赤い色づきをつくるのです。

 

tp_yamashina0920-670x443

Copyright(C)2014 IMAGAWA CO.,Ltd. All rights reserved.