株式会社 イマガワ
〒708-1126
岡山県津山市押入895
TEL.0868-26-5666
FAX.0868-26-5788
ブログ
月別アーカイブ
2019.10.29
豆知識(トリビア)~「草」と「木」の違い

豆知識(トリビア)~「草」と「木」の違い

「草と木の違いは?」と聞かれた場合にどう答えられるでしょうか。

「木は大きく、草は小さい」と答えられる方もおられるのではないでしょうか。しかし、ツツジのように小さくて、低い木もあれば、ヒマワリのように大きくて高い草もあります。

 

結論からいうと、形成層があるのが「木」、ないのが「草」です。

 

kinodanmen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

<木には形成層があり、年々成長して太くなる>

 

木は樹皮の内側に薄い「形成層」と呼ばれる組織があり、この形成層が木質部を作りながら成長して、幹が太くなります。このとき、季節により成長速度が違う為年輪が出来ます。また、横方向に太くなるとともに上方に成長して高くなります。

 

<草には形成層がなく、ある程度成長すると太くならない>

 

草には形成層はなく、ある程度成長すると太くなりません。また木の幹は固くなっていますが、草の幹に相当する部分(茎)は柔らかいままです。

 


 

ちなみに、バナナは木になっているというイメージが強いと思いますが、草に分類されます。なぜなら、バナナの木の幹は葉っぱが合わさってできたものであり、形成層が活躍しているわけではないからです。そして、バナナは一年以内に枯れてしまうことが多いようです。

 

Luxor,_Banana_Island,_Banana_Tree,_Egypt,_Oct_2004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(C)2014 IMAGAWA CO.,Ltd. All rights reserved.