株式会社 イマガワ
〒708-1126
岡山県津山市押入895
TEL.0868-26-5666
FAX.0868-26-5788
ブログ
月別アーカイブ
2020.01.11
豆知識(トリビア)~森を守るために必要なこと~

豆知識(トリビア)~森を守るために必要なこと~

一度人間の手の入った自然はその力をすべて人間の都合のよい方に発揮してくれるとは限りません。

 

伸びすぎた草は枯れます。成長しすぎた木は枝や葉が外からの光を遮ります。それを繰り返すと、気味が悪いお化け屋敷のような森ができてしまいます。緑は少なく、枯れた草木や蔓がはびこる、「自然」とは呼びたくないような「自然」になってしまいます。

 

人工林-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原生林といわれる人の手が全く入っていない自然はとても貴重でそのままにしておくことが大切です。

ですが、日本の多くの森林がよい状態を保つためには、人の手を加える必要があると言われています。とりわけ、スギやヒノキに代表される人工林は、手入れをしないと上手く育ちません。

 

人工林-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、草刈り、枝打ちや間伐などをしてあげると、森に光や風が入り、それによってよい土壌や森がつくられます。

日本の場合は、木が込み合いすぎて、育てるべき木や他の植物がだめになってしまう前に、定期的に人が手入れをしてあげる必要があります。

 

人工林-4

 

 

Copyright(C)2014 IMAGAWA CO.,Ltd. All rights reserved.