株式会社 イマガワ
〒708-1126
岡山県津山市押入895
TEL.0868-26-5666
FAX.0868-26-5788
ブログ
月別アーカイブ
2020.01.24
豆知識(トリビア)~国産材の割り箸~

豆知識(トリビア)~国産材の割り箸~

「国産の間伐材や端材を使った割り箸を使えば日本の森のためになる」という話を聞いたことがありますか?

 

この話はその通りなのですが、実は、残念なことにわたしたちがふだんの暮らしの中で国産材の割り箸に出会うチャンスはかなり小さいのだそうです。江戸時代から、割り箸は日本の木を使ってつくられていましたが、現在ではそのほとんどが、低価格の輸入材に置き換わっているためです。

obentou_waribashi_otemoto

2005年の統計ですが、日本で消費される割り箸の98%は輸入割り箸(うち99%が中国産)というデータがあります。国産材の割り箸は中国産の割り箸に比べて価格が高いことを考えると、わたしたちが無料で手に取る割り箸は、ほぼすべて輸入割り箸だと言えるかもしれません。

 

割り箸発祥の地でもある奈良県吉野地方は、古代からスギやヒノキが多く生えており、奈良時代から伐採が進み、文亀年間に植林が行われたという記録があります。林業が盛んで、建築材だけでなく樽や桶の部材も提供し、やがて残った端材の有効活用として箸がつくられはじめます。放っておけばそのままゴミになる端材を無駄にせず、箸としての役目を持たせたわけで、まさに日本に元々根付いていたもったいない精神の産物だといえます。

 

実はこの「食べる直前に割って使う」という点こそ、割り箸の大きな特徴です。塗り箸もナイフやフォークも、何度も使う食器です。けれども割り箸は、自分が割るまで使われたことがないのです。衛生面での清潔さももちろんですが、ハレの日に1回きり用いられる「白木箸」にも通じる、精神面での清浄さのイメージも日本の文化に合っていたのでしょう。

 

ぱしっと小気味よく割って香りをかぐことは、食事の前のちょっと改まった儀式なのかもしれません。吉野は、高級割り箸という分野に特化したことで、低価格競争と一線を画して、今もその技と品質を伝えています。

Copyright(C)2014 IMAGAWA CO.,Ltd. All rights reserved.